84歳の現在も、いろんな分野で活躍されている谷川俊太郎さん

「二十億光年の孤独」「空の青さをみつめていると」 「生きる」など有名な詩が数多くあります。

「月火水木金土日のうた」「鉄腕アトム」「スイミー」は、詩を読まない人でもきっと知っていると思います。

(有名といえば「100万回生きたねこ」の佐野洋子さんと結婚されていたこともあったそうです。)
本物の谷川俊太郎さんに会いたいと思い、射水市大島絵本館の記念トーク「絵本・ことば・声」に行ってきました。

 

詩のボクシング

「詩のボクシング」とは、2人が朗読をして、どちらの声と言葉がより聞き手の心に届いたかを判定するものです。

福音館書店編集部の松本徹さんがレフリーで、谷川俊太郎さんと大島絵本館の館長が対戦しました。

結果は、谷川俊太郎さんが圧倒的勝利でした。

 

谷川俊太郎さんによる読み聞かせ

詩は印刷されて読まれるだけでなく、声で表現することを大切にされているそうです。

①「もこ もこもこ」

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
谷川 俊太郎
文研出版
売り上げランキング: 1,052

③「んぐまーま」

④「これは のみの ぴこ」

これはのみのぴこ

これはのみのぴこ

posted with amazlet at 16.09.11
谷川 俊太郎
サンリード
売り上げランキング: 19,678

最近は「生音」が減っていて、「電子音」が増えていることを危惧されているそうです。

ちなみに読み方のリズムや表現は毎回変わるとのこと。

 

みんなで合唱

「わたしがたねを」(立川市立幸小学校校歌)

「鉄腕アトム」

松本徹さんの解説によると、鉄腕アトムの歌詞には「強さ・優しさ・知性・正しさ・ミッション」が込められているそう。

%e8%b0%b7%e5%b7%9d%e4%bf%8a%e5%a4%aa%e9%83%8e

背筋がしゃんと伸びた立ち姿が印象的で、とっても素敵でした!