マコモタケについて

マコモタケは、キノコでもタケノコでもありません

シャキシャキ食感のイネ科の植物です。

img_6474

収穫体験

氷見市の栽培面積は全国1位!(2016年見込み)

5月に苗付をして、9月下旬~10月末まで収穫できます。

img_6462

高さは約2mで、巨大な稲のようです。

 

img_6464

根に近い部分を収穫します。

白く太いところが食べられるところ。

半日置くと、すぐ大きくなるそうです。

 

img_6469

鎌を使って収穫させてもらいました。

コツは、斜め上に一気に切ること。

横にギコギコ切ると、他の茎を傷つけてしまいます。

img_6470

節の断面は、たけのこのようです。

img_6471

余分なところを切り、きれいに拭いて袋詰めをされています。

 

img_6472

1kg600円で売っています。

お土産用に2kg購入したら、おまけをいっぱいもらいました♪

 

マコモタケ料理

img_6477

外葉を手でむき、薄皮や硬い部分を軽くピーラーでむき、カットします。

氷見観光協会でもらったパンフレット、すごく分かりやすいです。

img_6476

きんぴらにすると、シャキシャキして本当においしいです!

農家の方のおすすめ料理は、天ぷら、牛肉炒め、すき焼き、酢の物だそうです。

柔らかい穂先は生でも食べられます。食感はアスパラみたいでした。

img_6473

牛肉と一緒にごま油で炒めて、オイスターソースで味付けをしました!

スーパーで見かけたら、ぜひ買ってみてくださいね!