モノではなく、体験を売る。

 

法則① もう見ず知らずの人からモノは買わない。

・SNSの普及で、口コミが可視化した。

・ニュースレター、メルマガ、SNS、ブログで交流し、店や人を好きになってもらう。

 

法則② 出来事を情報に変換する!

・個人の出来事を、誰かのために役立つ情報に変え、発信する。

・自分の「当たり前」の中には、他の人に喜ばれる価値のある情報がたくさんある。

・まったく興味がなかったことでも、情報を届けることで欲しくなることがある。

 

法則③ モノを売るな!体験を売れ!

・人々は商品が欲しいのではなく、〇〇な生活や人生を手に入れたいと思っている。

 

法則④ 価値を伝える!

・似たようなお店や商品がある中で、あなたの店が選ばれる「独自の価値」は何か?

・価値を伝えなければ、存在しないのと同じ。

 

法則⑤ 共感を作り出す!

・同じ趣味の人は、通常の3倍のスピードで仲良くなれる。

・SNSに自分の好きなことを、積極的に発信する。

仕事と好きなことを、掛け算で考える。

 

法則⑥ 風通しのいいコミュニティをつくる!

囲い込み会員制は✖。

・値引きを強要してきたり、揚げ足を取ってくるお客さまには厳しい姿勢で臨み、コミュニティの秩序を保つ。

 

法則⑦ つながりがつながりを生む!

・自分のブランドを売ることを狙ってやるのではなく、目の前のお客さまのために自分ができることをやる。

→ 影響力が生まれ、結果的に商品が売れる。

 

継続的にお客さまに喜んでもらえる発信をする。

→ つながりの連鎖を生む。

 

・「誰も見ていない」と思うかもしれないが、必ずあなたの一途な姿を見ている人がいる。

・売り込む行為をしなくても、応援してくれるつながりが多ければ、ビジネスは繁栄する。

 

まとめ

コンサートや旅行にお金を使った方が、洋服や宝石にお金を使うより、幸福感が長続きするそうです。

自分が最近何にお金を使ったか・・・思い返してみると、20代の頃とは明らかにお金の使い道が変わってきました。

例えば、マラソン大会に10,000円を払うなんて、昔の自分には考えられないことでした。

逆に、ブランドバッグに100,000円を払うことは、今の自分にはあり得ないことです。

経験にはお金をケチらずに、ワクワクすることをもっと増やしていきたいです。

そして、自分からも人に役立つ情報をどんどん発信して、つながりの連鎖を広げていきたいと思います。

 

「つながり」で売る! 7つの法則
藤村 正宏
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 8,412