藤子先生大好き芸人の富子山雄(とみこやまお)さんが「笑ゥせぇるすまんを楽しむ方法」について語ってくれました!

 

「笑ゥせぇるすまん」とは

喪黒福造(もぐろふくぞう)が、「ココロのスキマ、お埋めします」と名刺を持って近づき、ささやかな願いを叶えてあげる過程で、誘惑に負けて約束を守らない人には「ドーン!!!」と言って、罰を与えるというストーリーです。

28年ぶりにアニメ化され、チューリップテレビでも4月17日深夜から放送が始まったばかりです。

ターゲットとなるお客様は、尾崎真蔵(おさきまっくら)、長井道範(ながいみちのり) など、語呂合わせの名前が付けられていて、これも楽しむ方法の一つだそうです。

(アニメ1回目「ご利用は計画的に」の買い物症候群の高島ミツコ(たかしまみつこ)は、デパートの高島屋と三越からイメージした名前だと思われます。)

 

富子山雄(とみこやまお)さんとは

奈良県出身の芸人さんで、以前は「ゴメス河田」という芸名で活動されていました。

「よしもと住みます芸人」という企画がきっかけで富山県に住み、藤子不二雄先生をリスペクトして芸名を「富子山雄」に改名されました。

藤子・F・不二雄(藤本弘)先生のトレードマークのベレー帽とパイプ、藤子不二雄A(安孫子素雄)先生のトレードマークのサングラスをつけています。

 

「笑ゥせぇるすまん」は、良い人?悪い人?

喪黒福造は、良い人か悪い人のどちらだろう?」と考えながら見るのも、楽しむ方法の一つです。

(どの人もささやかな願いをもち、小さなココロのスキマがあるのは当たり前で、喪黒福造が誘惑しなければ人生を破滅するところまでいかなかったと思います。1話を見た時点では、喪黒福造は悪い人だと思います。)

まとめ

ドラえもんを代表とするF先生のじーんとくるストーリーの方が今までは好きでしたが、「笑ゥせぇるすまん」をきっかけにA先生のストーリーの面白さがじわじわ分かってきそうです。

第2話からも楽しみです!