「越中八尾ベースOYATSU」に宿泊してきました!

名前の由来は、人が集まり文化や観光の拠点=ベースになるところという意味だそうです。

 

1階 蔵・宿泊スペース

明治5年に建てられた蔵を改装してあります。

1階の蔵は、ダイニングスペースになっています。

天井は吹き抜けで広々として、落ち着く空間でした。

1階の奥の座敷は、宿泊スペースです。

日本庭園を見ることができます。

 

2階 着物部屋

日本全国から送ってもらった着物が、たくさん並べられています。

女将の原井紗友里さんは、毎日着物を着ているそうです。

 

カフェバー

隣の建物の1階はカフェバーで、コーヒーやお酒を飲むことができます。

カフェの2階は、宿泊スペースになっていて、2階の格子窓から「なりひら通り」を眺めることができます。

 

夕食

ケータングサービスがあります。

この日は大長谷の山の幸を使ったイタリアンでした!

・アジのカルパッチョ

・大長谷産アスパラ生ハム巻き

・ススタケ

・完熟トマト

・こしあぶらのオムレツ

・もなか&とんぶりクリームチーズ

・ふきのとう味噌とチーズ

(フランスパンにのせて焼いてありました。これ、超おいしい!)

・鶏の白ワイン煮込み など

山菜とイタリアンの組み合わせが、なんともおしゃれです。

時期によっていろいろな山菜がとれ、5月にはなんと自生のわさびもあるそうです!

 

朝食

・フレンチトースト

(もちもち生地の秘訣は、前日から卵液に漬け込むこと!)

・山菜とベーコンのサラダ

・アボカドクリームチーズ

(相性抜群で、これは家でも真似したい!)

・ヨーグルト

・アイスコーヒー

 

女将の原井紗友里さん

なんといっても、OYATSUの魅力は女将の原井紗友里(はらいさゆり)さんです!

着物が似合う涼し気な目元。

とても美しいのに、ざっくばらんでさばさばとしています。

丁寧すぎないおもてなしが、心地よかったです。

本当に魅力的な方でした。

そして、朝食のときは、ロングヘアーにTシャツというカジュアルな姿に、ギャップ萌えです。

一棟貸しの宿なので、10名ほどのグループで泊まるのが最適です。

ぜひまた泊りで訪れたい宿です!