フォトロゲイニングNIPPON2017小矢部に参加しました!

 

フォトロゲイニングとは

地図をもとに、時間内にチェックポイントを回り、得点を集めるスポーツです。

地図に赤文字で数字が書いてあるところがチェックポイントです。

縮尺1:25000の地図なので、地図とコンパスだけで回るのは正直難しいです。

よく分からないところはグーグルマップに頼りました。

 

小矢部といえばメルヘン建築。

イギリスのビッグベンをモチーフにした時計台のある石動中学校、フランスの凱旋門をモチーフにした北門がある大谷中学校などがあります。

子撫川ダム稲葉山展望台峠の茶屋などの遠い場所は点数が高くなっています。

どのポイントを回るかはチームの自由です。

 

(写真は北日本新聞webunより)

「エッフェル塔のポーズ」「相撲のポーズ」など、チェックポイントごとに指定されたポーズで写真を撮ります。

フォトレポーターというアプリを使って撮影すると、自動的に点数が計算されました。

 

5時間で約20kmを移動しました!

10時スタート、15時ゴールの5時間コースに参加しました。

※ 制限時間を超えると減点になります。

 

ゴール地点で記念撮影

 

ゴールでは、豚汁と昆布餅をいただきました!

 

参加賞の肩掛けバッグです。

 

まとめ

ウォーキングをしながら観光スポットに立ち寄り、途中で美味しいものを食べる、とても楽しいイベントでした!

小矢部は初開催とあって地元の人たちもフォトロゲイニングをあまり知らないようで、何人もの方に興味津々で話しかけられました。

10月9日には上市でもフォトロゲイニングが行われます。

富山県内で開催されたときは、また参加したいです!