朝活@富山で、小倉広さんの「アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」のお話を聞きました。

特に心に残ったことをまとめました!

 

社会への所属

優等生と不良は一見正反対に見えるが、同じ目標に向かっている。

「目立ちたい、強くなりたい、注目されたい、かっこよくなりたい、もてたい・・・」という優越を追求して、社会へ所属したいという目的がある。

 

協力的に社会に所属する人

◇自分には人の役にたつ能力があり、居場所があるという感覚がある。

◇自分の欠点や弱さを受けいれている

◇口を出さずに、信頼して見守ることができる。

◇他者を仲間と思いリラックスしている。

 

競合的に社会に所属する人

◆イライラすることが多く、相手が悪で自分が善と、心の中で相手を裁いている

◆自分の欠点や弱さを人のせいにして認めない。

相手を変えようと、おせっかいをやく。

◆他者を心から信頼できず、いつも緊張している。

 

協力的と競合的を分けるのは勇気

勇気=心のガソリン

どんな人にも、心がガソリンで満たされているときとないときがある。

「自分の勇気づけ」と「他者の勇気づけ(ありがとう・助かった・私もうれしいな)」は循環する。

 

人は本来、無意識下では競合的な生き物である。

自分を勇気で満たし、「協力的になろう」と意識し続けることで、無意識でも協力的になれる。

 

 

まとめ

過去の実績で評価するのは信用で、相手を無条件で信じることが信頼。という話がありました。

「自分を信じることよりも、他者を心から信頼することの方が難しいと思うのですが、どうすればできますか?」と、ランチ会で質問をしました。

 

リスペクトは、re(再び)+ spect(見る)で、「二回見る」という意味が語源だそうです。

一度目に相手を見たときは、否定的な感情が生まれたとしても、二度目は相手がよくなる可能性を信じて見ると、自分の思い込みやまなざしが変わるそうです。

相手のすべてを信頼することが難しくても、相手の「可能性」を信じることならできそうです。

 

小倉広さんの著書「もしアドラーが上司だったら」の感想はこちら

 

もしアドラーが上司だったら
小倉 広
プレジデント社
売り上げランキング: 36,963