富山県出身の本木克英映画監督のお話を聞き、ラベットラ・ダ・オチアイの料理を楽しむイベントに参加しました!

 

本木克英監督の近況

「釣りバカ日誌」や「超高速!参勤交代」など、数々のヒット作の監督をされ、現在は松竹から独立されています。

6月15日には、池井戸潤さん原作の「空飛ぶタイヤ」が公開されます!

 

また、2月28日からはAmazonプライム会員が見られるドラマ「しろときいろ」が配信されます!

(パンケーキブームを起こした「エッグスンシングス」の日本人オーナーの話です。)

 

富山を舞台にした映画

「三大怪獣地球最大の決戦」  1964年公開  巨大隕石が黒部ダムに落下し、キングギドラが誕生。
「黒部の太陽」  出演:石原裕次郎さん  黒部ダムのトンネル工事を描く。
 「蛍川」  原作:宮本輝さん  いたち川が舞台。
 「少年時代」  原作:藤子不二雄Aさん  井上陽水さんの主題歌が大ヒット。
 「釣りバカ日誌13

ハマちゃん危機一髪!」

 監督: 本木克英さん  この映画をきっかけに、富山を舞台にした映画がたくさん撮られるようになりました。
 「剣岳 点の記」  監督:木村大作さん  日本地図を作るための山岳測量が舞台。
 「RAILWAYS

愛を伝えられない大人たちへ」

 出演:三浦友和さん  富山地鉄鉄道が舞台。
「おおかみこどもの雨と雪」  監督:細田守さん(上市町出身)  上市町が舞台。
「ほしのふるまち」  出演:中村蒼さん  氷見が舞台。
「春を背負って」  出演:松山ケンイチさん  立山の山小屋が舞台。
「人生の約束」  出演:竹ノ内豊さん、江口洋介さん  新湊が舞台
「追憶」  出演:岡田准一さん、小栗旬さん  八尾町などが舞台。
「羊の木」  出演:錦戸亮さん  魚津が舞台。

 

本木監督へ質疑応答

・本木組の最多出演は、田中麗奈さん。佐々木蔵之介さんや深田恭子さんも多く出演されている。

・多くの人の力を結集してつくるのが映画なので、監督の想いだけで俳優さんや女優さんに自ら出演交渉することはない。

・監督はプロジェクトリーダー。どうやったら全員がやる気をもって働けるかを考えている。

・映画がヒットするかどうかは、初日~2日が勝負。

 

ラベットラ・ダ・オチアイの料理

ゼッポリーニ(ピッツァ生地に海藻を入れて揚げたナポリの料理)

 

前菜盛り合わせ

(マグロとアボカド、フォアグラのパテ、イタリア産生ハムとモッツァレラチーズ、イタリア風玉子焼き、サバとイワシのマリネ)

 

ズワイガニのトマトソースパスタ

 

群馬県産豚のロースト・新玉ねぎのソースとキノコのクリームソース、たけのこ

 

まとめ

強い意志があって映画監督になったわけではなく、たまたま松竹で助監督を募集していて、就職活動として松竹に入社したそうです。

強い気持ちがありすぎると気持ちが折れるのがはやくなるので、大衆映画として人々に受け入れられる映画をつくるには、そのぐらいの軽い気持ちでちょうどよかったのではないかとお話されました。

きっと想像もつかないようなご苦労もあったと思いますが、それを全然出されないのがかっこよかったです!