食やクラフトに取り組む人を交えたプレミアムな食事会「富山の夜会 第1回 蕎文」に参加しました!

 

しし鍋

肉と脂の層が美しいです!

臭みがないメスの猪の肉を、しゃぶしゃぶでいただきました!

(オスの猪は臭いが強いそうです)

こんな上質な猪肉に出会えることは、なかなかないとのことです・・・。

 

蕎麦3種

①すだち蕎麦

昆布だしに塩だけで味付したという透き通っただしが、めちゃくちゃ美味でした!

すだちうどんはよくありますが、すだちそばは初めて食べました。

このすだち蕎麦、また食べたいです。

 

②辛味大根蕎麦

(食べるのに夢中で、写真を撮り忘れました)

辛さの中にも蕎麦の味がしっかり感じられました。

福井で食べたおろし蕎麦を思い出しました。

 

③そばつゆでいただくシンプルな蕎麦

そばつゆの色が濃く見えましたが、ちょうどよい塩分でした。

そば湯を入れて、余すところなく味わいました!

 

オリイブルーのコースター

銅に特殊な技法で着色したというオリイブルーのコースターを、お土産でいただきました!

とやマルシェで購入できるそうです。

山町ヴァレーで製作体験もできるそうなので、ぜひ作ってみたいです!

 

「イイモノウレシ」

能作やmomentum factory Orii などの高岡クラフトと町の魅力を紹介するショートムービーです。

こんな素敵な花器やぐい吞み、螺鈿細工が暮らしの中にあるといいなあと思います。

(全5話が見られる高岡ケーブルネットワーク株式会社のHPはこちら

 

まとめ

美味しいものを食べるだけでなく、職人、経営者、映画監督・・・といったプロフェッショナルの方々のお話を聞くことができた贅沢な夜会でした。

近年、高岡の産業は世界から注目されていますが、知らないことがまだまだあり、高岡の奥深さを感じました。

知識や教養と身に付け、いいものを購入することで微力ながら応援していきたいと思います。