なかやす酒販で、春をテーマにしたチーズ5種の食べ比べをしました!

 

シェーヴル フレ

フランス 山羊乳 フレッシュタイプ

白いチーズに灰がまぶされています。

酸味があるチーズでした。

山羊のミルクを飲んだときの香りを思い出しました。

 

カイエ ド ブルビ

フランス 羊乳 フレッシュタイプ

プレーンヨーグルトのようにスプーンですくって食べます。

塩分がないので、ジャムをつけて食べました!

 

ブラン デュ マキ

フランス 羊乳 セミハードタイプ

ハーブが周りについています。

もっちりとした食感で、コクがあって深い味わいでした。

 

共働学舎新得農場 さくら

北海道新得町 牛乳 ソフトタイプ

桜餅のように桜の葉がついていました。

くせがなく、ほろっとした食感でした。

 

十勝ラクレット モールウォッシュ

大きいものは、半月状にして中心部を溶かし、とろっと野菜にかけて食べます。

下段で小さく切ったラクレットを溶かし、上段でパンを温める機械です。

あつあつのラクレットを、パンにかけました!

 

まとめ

山羊と羊の出産時期が春先に限られていることから、山羊乳と羊乳のチーズの旬は春だそうです。

アルコールなしのチーズサロンは2回目以降も開催されるそうなので、いろいろ味わって自分の好みのチーズを探し求めたいと思います!