引網香月堂さんで、上生菓子を4種類作る体験をさせてもらいました!

 

「山笑う」(はりぼかし)

① 三色の餡を、平らにしてくっつけます。

 

② 白い餡をのせ、また平らにします。

 

③ 小豆の餡を包み、丸く整えます。

 

④ 茶巾しぼりにします。

引網さんが作られた見本

私が作ったもの

(もう少し高さがあった方がよかった・・・)

 

「花てまり」(裏うちぼかし)

① 白いあんに2色の小さい玉をのせます。

 

② 小豆あんを包み、丸く整えたあと、道具を使って模様をつけます。

模様は、うまくいきました!

(ピンクと紫のぼかしが思ったより薄かった・・・)

 

③ 桜の型を押して、色を表に出します。

きれいにできて、かなり満足!

写真はありませんが、切り口が層になっていて、すごく美しかったです!

 

「桜」総ぼかし

① 白いあんを平らにして、ピンクのあんを包みます。

(中心には小豆あんが入っています)

 

② 桜の5つの弁を作ります。

 

③ 花びららしく見えるように、先端をとがらせ、すじをつけます。

 

「菜の花」

① ゆず味のきんとんを、細かく押し出します。

 

② 黄色は、目が細かい道具を使って押し出します。

 

③ 箸を使って、つぶ餡の玉のまわりに緑色と黄色のきんとんをつけていきます。

(食べるときにくずれやすかったので、もう少ししっかりつけた方がよかったです)

 

できあがり4種

春らしい上生菓子が4つそろうと、見栄えがよくなりました!

 

デモンストレーション

8種類の上生菓子をその場で作ってくださいました!

じゃんけん大会をして、一つずつお土産にいただきました。

 

まとめ

4種類の上生菓子を通していろいろな技を教えてもらい、とっても楽しかったです!

またワークショップを開催されるそうなので、ぜひ参加したいです!