8月19日の朝活@富山で「THE仕事術」というお話をされる美崎栄一郎さん

(普段は日曜朝、8月19日は特別に夜7:00~)

朝活@富山とは・・・くわしくはこちら

予習のため「結果を出す人の手帳の秘密」を読みました!

 

時間に対する考え方

・人が1日に与えられた時間は24時間ではなく2時間。

睡眠・通勤・勤務・食事・入浴などを引くと、自分のために使える時間は実質2時間。

2時間しかないと思えば、より自分のためになることをやろうと思うはず。

 

時間の使い方を変えれば、中身は倍になる。

「今の自分には、読む必要がない」と思った本は、途中でやめる。

 

30分以上のまとまった時間がないとできない仕事と、5分×6回の30分でもできる仕事に分け、仕事のタイプでスケジュールを立てる。

 

時間に投資する

よく打つ言葉は短縮化する。

(例:あ→自分のメールアドレス、じ→自分の住所、い→いつもお世話になっております と単語登録をする。)

☆メール用に「い→いつもお世話になっております。標記の件について添付しましたので、確認をお願いします。」「所属名」「所属長の名前」などを単語登録しました。

 

・時間管理をすれば、自分にとって楽しい時間をたくさんつくることができる。

 

仕事時間をどう活かすか

・待ち時間などのスキマ時間は、雑誌の読む必要のある記事のコピーを読む。

(雑誌そのものを読むと、さぼっていると思われる。)

 

・仕事はパスの連携。相手によってパスを変える。

中田パスは相手を走らせるパス。小野パスは相手の目の前にぽんと落とすパス。

 

いつリターンがほしいか明確にする。「なるべく早く」は✖。

 

能力よりやる気のある人とチームを組む。

 

移動時間の活かし方

・キーワードを決め、メモを片手に考えるタイムにする。

エレベータートークのシミュレーションをする。

「今はどんな仕事をしているの?」と聞かれたときに、30秒から1分で明確に答えられるようにする。

 

本を100冊読んでもすごくない。読んだ中から実行することに意味がある。

 

お見送りに時間をかけると好印象が残る。

 

・商談のときは、現地に1時間早く着いて情報収集をし、相手との話のネタにする。

 

プライベートの時間の活かし方

・仕事で成果を出すための時間の流れと、プライベートの時間の流れは別物。

 

・動く可能性のある予定は「貼ってはがせるマイタックリムカ」が便利。

☆直前にならないと日が決まらない行事(子どもの学校の懇談会など)や、開催候補日がいくつかある会議をマイタックリムカに書いて貼りました!

 

・定期的にやりたいことの「オリジナルシール」を作って、手帳の欄外に貼っておくと実行に移しやすくなる。

☆さっそく月15回分のランニングシールを月間予定の欄外に貼りました!

 

ライフログをとる。

手帳にチケットやパンフレットの一部などの現物を貼る。

☆スケジュール帳とは別に「体験&読書ノート」を作り、現物の一部+ふせんに書いた読書メモを貼っています。

 

まとめ

「手帳は自分の人生の台本である。主役も演出家も自分自身。」

「時間管理ができる人」→「仕事の結果を出し、プライベートも充実した人生を送る人

 

朝活では「相手のタイプによって、パスをどのように変えればいいか」具体的な方法を聞きたいと思います!

 

「結果を出す人」の手帳の秘密
美崎 栄一郎
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 358,072