カテゴリー「 読書 」の記事

45件の投稿

富山ゆかりの作家、恩田陸さんの直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」を読みました!   登場人物 ◇風間 塵(かざま じん)16歳。 ホフマンに師事。父親は養蜂家で移動生活のため、家にピアノがない。   ◇栄伝  …
草間吉夫さんの生い立ちと職歴 非嫡出子として生まれ、生後3日で乳児院に預けられ、2歳から18歳まで児童養護施設で育つ。 東北福祉大学を卒業後、児童養護施設の職員として勤務する。 松下政経塾に入塾し、大学講師になり、その後 …
「大空小学校」とは 2006年に開校した、大阪市住吉区にある公立小学校です。 さまざまな個性の子どもたちが、ともに学びあう姿を撮ったドキュメンタリー映画『みんなの学校』が作られています。   臭いにおいがするレ …
「動かす」のではなく、「動いてもらう」 相手の自尊心を満たして、ウイン・ウインの関係を築く。   自己中心的な人にイライラしたら ☆「反応」するのではなく、大人の「対応」をする。 ☆「正しさ」より、相手が何に困 …
「一番苦しくなる35kmあたりを一番速く走るようにする。 そのためには『後半型』の練習をすればいいんです。」   初心者向けの「マラソンは毎日走っても完走できない」の続編です。   第一章 マラソンの …
「たった10分で寝かしつけができる」と話題の、魔法のぐっすり絵本を読んでみました!   あらすじ うさぎのロジャーが、「魔法のじゅもんと魔法の薬を使って眠らせてくれる」あくびおじさんに会いに行くお話です。 ※「 …
モノではなく、体験を売る。   法則① もう見ず知らずの人からモノは買わない。 ・SNSの普及で、口コミが可視化した。 ・ニュースレター、メルマガ、SNS、ブログで交流し、店や人を好きになってもらう。 &nbs …
「なぜ皇居ランニングの人気が高いのか?」 「なぜランニングをする人が増えたのか?」 「なぜランニングをする人は年収が高いのか?」   第1章 なぜ皇居はランナーの聖地なのか? ・1周5kmで、ちょうどいい。 ・ …
日本から出て行ってもいいし、出て行かなくてもいい。 人はみんな「どこにでも行ける」という本質的な事実を理解する。 頭のなかの国境を消そう。そうすれば君はどこにでも行ける。   第1章 日本はいまどのくらい「安く …
アンガーマネジメント=怒りと上手に付き合う技術。 介護職向けの本ですが、イライラすることがあるすべての人に役立つことが書いてありました。 怒りは二次感情 ・つらい、苦しい、悲しい、さびしいなどの一次感情に気づくことが大事 …
PAGE TOP